ストラテラの効果と副作用を知っておこう

ストラテラにはどのような効果や副作用があるのでしょうか?ADHDの症状を抑えるってホント? - 他の病気があってもストラテラは飲めるのか

他の病気があってもストラテラは飲めるのか

あなたも何かしら持病を持っていませんか。年齢が上がるにつれて、そうした病気との付き合いもしなければならなくなることも増えてきます。
また若くても喘息などの病気もあります。こうした病気を持っていると、他の薬を飲むときにも気を配らないといけなくなります。

ストラテラは、他の病気があっても飲めるのか

ADHDも子どもはもちろん、大人でも治療をしなければなりません。
確かにかかる割合は低いかもしれませんが、それでも生活への影響も否めません。
その治療も、長くなることもあり、薬をのみ続けていくこととなります。
そんなときに他の病気があると、飲んでも大丈夫なのかと注意も必要となって きます。
では、他の病気があるとき、飲んでもいいのでしょうか。
次のような病気にかかったことがある人は、医師へ相談をしっかりとしておきましょう。
まずは、肝機能の病気や障害がある人です。これは血圧の上昇による体調不良をもたらすかもしれません。
次に腎機能の病気にかかったことがある人です。
そして、心疾患、高血圧、脳血管障害、起立性低血圧の病気になったことのある人です。これらの人はストラテラを飲むことで症状の悪化を招く恐れがあります。起立性低血圧については、再発の可能性が確認されています。
また、躁病の人の場合も躁病を悪化させる可能性があるようです。
あと、排尿困難のある人も症状が悪化させる可能性があります。
これらの病気も高齢者に多くなりがちです。そもそも高齢者も体も弱まっているので、ストラテラの副作用も出やすくなります。高齢者で健康であっても、若い人と比べると注意が必要となります。

ストラテラは危険な薬ではない

こうした他の病気への影響がありますが、ストラテラ自体が危険な薬ということではありません。
そこは誤解せずに他の病気や薬との映像があると認識をして、服用をしていきましょう。

関連する記事