ストラテラの効果と副作用を知っておこう

ストラテラにはどのような効果や副作用があるのでしょうか?ADHDの症状を抑えるってホント? - ストラテラは妊婦でも飲めるのか

ストラテラは妊婦でも飲めるのか

妊娠をすると体の変化もいろいろと出てきます。そして、気持ち的にも不安を感じることも多いです。ですので、出産するまでにはかなりのストレスが妊婦にはかかるのです。
また、妊婦が頭を悩ませるのは特に病気です。薬を飲んでもいいのかは特に頭の痛いところでしょう。

妊娠中はやはり飲まないことが基本

妊娠した場合、胎児への影響を考えなければなりません。市販の薬から医師から処方される薬など幅広い薬があり、必ずしも飲むことで胎児に障害が発生するものとは限りません。
しかしながら、飲むことで障害が出る確率が上がることも確認されています。
ですので、ストラテラに関しても基本的には妊娠中は飲まないこととなるでしょう。
なお、すでにストラテラを服用してADHDの治療中に妊娠をすることもあるでしょう。その場合には早めに医師への相談をした方がよいです。また、あらかじめ妊娠の可能性がある場合も連絡しておいて、治療の計画を考えてもらった方が良いでしょう。

ADHDの症状によっては

しかし、妊娠中といえども、薬を飲むケースもあります。それはADHDの症状が重い場合など、生活にも支障を来すようは場合、妊娠よりもADHDのリスクが高いと診断されて場合には、服用を勧められます。この方針は海外の医療においても確立されているので、その場合には医師の診断に従った方が良いでしょう。
また、出産後も母乳で授乳を行うのも一般的です。しかし、マウスの実験によりストラテラが母乳に含まれることも確認されています。ですので、出産後にストラテラを服用した場合には母乳による授乳は避けることとなります。

医師と家族へ相談

ADHDの治療は計画的に行われるはずです。時間もかかるので、妊娠も治療の計画との兼ね合いも考えた方がいいかもしれません。医師と家族へ相談も必要と言えるでしょう。

関連する記事