ストラテラの効果と副作用を知っておこう

ストラテラにはどのような効果や副作用があるのでしょうか?ADHDの症状を抑えるってホント? - ストラテラには離脱症状はないのか

ストラテラには離脱症状はないのか

市販の風邪薬や頭痛薬など、少し体調が悪くなったら、薬を飲んでいませんか。でも続けて飲んでいるかといって、副作用を感じることも少ないでしょう。また、飲まなくなったからといって体調の変化を感じたこともないでしょう。
ところが病院からの薬の場合、止めることで体調の異変が起こることがあるのです。

離脱症状を知っていますか

実は抗うつ剤など、薬によっては飲み続けることで体の中に薬の成分が一定量満たされたり、薬によっては元々の体の成分が一定量保たれることがあります。それによって、病気の症状が治める、良くなっていくのです。
ところが、薬の服用を止めることでそのバランスが崩れ、体調が悪くなることがあるのです。それが離脱症状です。
離脱症状として、抗うつ剤などで起こりやすいです。めまいや吐き気やふらつきなどが起こったりします。
ですので、患者が良くなったからといって勝手に服用を止めるのは危険なのです。時には、症状の再発を起こすきっかけにもなるかもしれません。

ストラテラには離脱症状はないのか

ストラテラについては、離脱症状は無いとされています。確かに子どもにも使われる薬ですので、離脱症状があるとなかなか止めるのも大変です。
しかし、ネットを見ると離脱症状らしき症状があったとの声も聞かれます。飲み忘れや急にやめたことで体調に異変がとの声もあります。個人差があるかもしれまん。
そこで症状が改善されてきたときには、すぐに服用をすべてやめるのではなく、量を減らしていくことをお勧めします。そうすることで、体調不良を避けられるようになるはずです。
減らし方としても、4分の3、2分の1、4分の1というように減らしていくといいかもしれません。

いずれにしろ、医師とよく相談をして

いずれしろ、やめるタイミングや薬を減らすことについては、医師とよく相談をして、症状を見ながら焦らずに進めていきましょう。

関連する記事