ストラテラの効果と副作用を知っておこう

ストラテラにはどのような効果や副作用があるのでしょうか?ADHDの症状を抑えるってホント? - ストラテラの飲み方から知ろう

ストラテラの飲み方から知ろう

注意力不足やじっとできないといった子どもも見かけたりします。大人になるにつれて自然と良くなると思っていたら、実は病気だったなんてことがあるのです。
子どもだから仕方ないとして思わずに、実は気をつけておかないといけないこともあるのです。

あなたは、ADHDを知っていますか

注意しても何度も同じミスを繰り返す、約束も忘れっぽい、じっと席に座ってられない、席に座っても体をくねらせたり動かしている、順番やルールが守れない、思い立ったらすぐに周りにかまわずやってしまうなど、注意力不足や多動性といった問題のある行動を起こす子どもやいます。そのまま、成長して大人になるケースもあります。
こうした症状をADHD、注意欠如多動症と呼ぶのです。

ADHDの治療にストラテラ

このADHDの治療として使われるお薬がストラテラなのです。
ストラテラは、他の薬のように飲めばすぐに効果を実感できると言う薬ではありません。抗うつ剤のように効き目が出るまでに時間がかかるのが特徴なのです。だいたいは、2週間目以降に効果は徐々に実感できると言うことです。
その代わりに、吐き気や下痢や食欲減退などの副作用は早いうちからでてくるようです。そのため、子どもだとなかなか飲むのを嫌がることが多いです。
しかし、症状を改善するためにも飲み続けることが大切です。
そして、飲み続けていくとだんだんと体も慣れてきて、こうした副作用も収まってくるようです。どうしても副作用に耐えられないときには、医師とよく相談をしましょう。なお、最初は少量から飲み始めていき、だんだんとその量も増えていくことも覚えておきましょう。

飲む回数は少ない

ストラテラは、他のADHDの薬と違って効果の持続は長いので、1日に1回飲むだけとなります。
基本的には朝か夜に飲むこととなります。

関連する記事